どこでもつながるPocket WiFi、データ通信カード
0円パソコンとセットで今すぐネット生活!

▼一人暮らしを快適にすごすための必需品
詳しくはココから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネエアコンの選び方

省エネエアコンを選ぶツボ

真夏の暑い日には、なにはともあれエアコンが欲しくなりますよね。現代社会において、無くてはならない電化製品がエアコンだとも言えます。まだ、エアコンの取り付けが行われていない部屋で暮らしている方で、そろそろエアコンを買おうかなと考えているのであれば、省エネタイプのエアコンを迷わずオススメします。

最近では、ほとんどの場合、エアコンは省エネタイプですから、あまり省エネというところにポイントを置く必要もなさそうですが、安売りしているものの中には、型が古かったり、業務用タイプだったいすることもありますから、そのあたりには気をつけておきたいですね。

2009年にエコポイント制度が導入され、この機会に、省エネエアコンに買い換えようとする人も多いのではないでしょうか。エアコンは家電製品のなかでも、比較的長めに使えるものですから、後で後悔の無いように、賢く省エネエアコンを選びたいものです。

エアコンを選ぶ前に

エアコンを買うときに気をつけておきたいのは、その価格です。ここで気をつけておきたいのは、家電量販店のヤマダ、コジマ、ジョーシンなどでもそうですが、店頭に貼り出している価格は、本体価格であるということです。エアコンの本体価格以外にも、工事費や、工事の際の取り付け金具などの費用がかかる事を忘れないように。

エアコン購入で気をつけるポイント

さて、では本体価格以外に、工事費だけ考えていればいいかと言いますと、そうではありません。いくら省エネエアコンとはいえ、必ずかかる費用が、電気代ですね。省エネエアコンを購入してから、少なくとも3~5年は使用することになると思います。ですから、この間にかかるランニングコストを計算しておく必要があります。

ある程度エアコンの機種を絞り、AとBの2機種が選択に残ったとした場合、AがBよりも1,2万高いとしても、今後のランニングコストを考えた場合、Aのほうが安くなる場合があります。
このように購入時の総費用とは別に、ランニングコストもプラスして考え、お得に省エネエアコンを購入して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。